読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もどこかへ帰りたい

帰る場所なんてない、都合のいい女の独り言

おはなしのはなし

丸めたティッシュ

賢者タイムという言葉があるように、セックスの後の彼はいつも気怠げだ。ぼんやりとした眼差しでスマートフォンの明かりを目で追っている。彼の男のくせに細くて長い指が、上に下に、右に左にと画面をスワイプするたびに、忙しく黒目が動くのが見えた。薄暗…